ニゾラールは水虫治療に効果のある薬です。ニゾラールを使用すれば厄介な水虫を完治させることができます。正しいニゾラールの使い方についてご紹介いたします。当サイト内記事の定期購読をおすすめします。

女性2人の美脚

ニゾラールは水虫だけでなくAGAにも効果あり

ニゾラールというと一般的にはクリームとして扱われていて水虫に対して有効であるのですが、ニゾラールはそれだけでは無くてシャンプーの形でも存在していて薄毛の原因となるAGA(男性型脱毛症)に対しても効果があります。
その理由の一つは、脂漏性皮膚炎を抑える働きがニゾラールにはあるからです。
脂漏性皮膚炎は皮膚にある皮脂腺から皮脂が大量に分泌される事によって炎症を起こし、皮膚が痒くなったり荒れてしまう原因となります。

頭部以外でも起きる可能性はありますが、頭部は脂漏性皮膚炎が起きやすい場所の一つであり、炎症を起こす事で頭皮環境が悪化すれば抜け毛の原因ともなります。
そして脂漏性皮膚炎が起きる原因はハッキリとは分かってはいないのですが、その原因の一つとしてマラセチア菌と呼ばれる真菌が関与しています。
マラセチア菌は常在菌なのですが、マラセチア菌は特に皮脂が多い環境を好み、その代謝物が炎症を起こす原因と考えられているのです。

ニゾラールが水虫に有効なのは様々な真菌を殺菌する作用があるからであり、マラセチア菌も真菌でありニゾラールが有効です。
だからこそニゾラールで脂漏性皮膚炎を解消する事で頭皮環境を整え、それが髪の毛にも良い影響となると考えられます。
もう一つの効果として、ニゾラールには5αリダクターゼという酵素の働きを抑える効果があります。
AGAの原因は男性ホルモンが大きく関わっていると言われており、男性ホルモンのテストステロンが酵素である5αリダクターゼによってDHT(ジヒドロテストステロン)というホルモンに変換され、そのDHTが髪の成長を阻害する事で薄毛になると考えられています。
つまり、5αリダクターゼの働きを抑制出来ればDHTの生成が抑えられ、AGAに対しても有効という事になるのです。